インド人男性の目の中に長さ15センチの寄生虫 医師らが除去【動画】

インドのカルナータカ州に住む男性の目の中から、蚊によって媒介される長さ15センチの寄生虫が発見された。デイリー・メール紙が伝えている。

スプートニク日本

インド南西部に住む60歳の男性が病院に相談を持ちかけ、寄生虫が自分の右目に住みついて体をくねらせていると訴えた。

患者の男性を医師が診察し、直ちに寄生虫を除去しなければならない、そうでない場合には男性が視力を失う可能性があると判断。特殊なピンセットを用いて寄生虫を引き抜いた。

関連ニュース

中国人男性の脳から体長10センチの生きた条虫が摘出

米国人男性、プールで「脳食いアメーバ」に感染し死亡

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала