登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

民家に隕石が落下 国立科学博物館、「小牧隕石」と命名

フォローする
愛知県小牧市で先月、民家に焼けた石のような物が落ちているのが見つかった。国立科学博物館の鑑定により、落下物は隕石だったことが明らかになった。NHKが報じた。

スプートニク日本

スティーヴン・ホーキング博士 - Sputnik 日本
ホーキング博士の遺稿が発表される ブラックホールのパラドックスについて
先月26日午後10時半ごろ、愛知県小牧市の民家に隕石が落下した。落下時には屋内に人がいたものの、けが人はいなかった。衝突の衝撃で隕石は3つに割れていた。

国立科学博物館の成分鑑定結果によると、同隕石は約45憶年前にできたものだと判明。同科学博物館は発見場所にちなみ、同隕石を「小牧隕石」として国際隕石学会に登録申請をする。

関連ニュース

ドアの重しの石、10万ドル相当の隕石と判明 ミシガン【動画】

隕石がほとんど地球に到達しない理由が明らかに

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала