アウディ、排ガス不正で千億円罰金

独フォルクスワーゲン傘下の車メーカー、アウディは、ディーゼル車の排ガス不正で8億ユーロ(約1000億円)を支払う。

スプートニク日本

アウディは、製造するV6エンジンとV8エンジンと車両に関する規制を守らなかった。

近年、ディーゼル車を巡って不正が相次いで発覚している。スキャンダルの渦中に最初に陥ったのはフォルクスワーゲン。2015年、同社の車に排ガスを不正に抑えるソフトウェアが搭載されていると発覚した。

関連ニュース

フォルクスワーゲンが干ばつの原因?

ポルシェ、ディーゼルエンジン撤退へ

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала