登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

「世界の記憶」制度改善へ連携 首相とユネスコ事務局長

© Sputnik / U. Poliakov / フォトバンクに移行Здание штаб-квартиры ЮНЕСКО
Здание штаб-квартиры ЮНЕСКО - Sputnik 日本
フォローする
【パリ共同】安倍晋三首相は18日午前(日本時間同日午後)、フランス・パリで国連教育科学文化機関(ユネスコ)のアズレ事務局長と会談した。両氏はユネスコが重要性を認めた文書や絵画などを保護、公開の対象とする「世界の記憶」(世界記憶遺産)の登録制度改善に向けて連携していく方針で一致した。

スプートニク日本

制度改善は2015年に中国の「南京大虐殺」の資料が登録されたのを受け、政治利用だと反発した日本が強く要請した。今月10日のユネスコ会合で行動計画が決定された。首相はアズレ氏との会談で「計画の採択を歓迎する。日本も協力したい」と述べた。

(c)KYODONEWS

関連ニュース

安倍・マクロン両首脳 失踪の仏女性の捜索を約束

戦略的パートナーで合意 日スペイン首脳、安保連携

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала