登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

カフェインは赤ら顔の皮膚病に効果 青島大学が発表

フォローする
中国の青島大学の研究で、カフェインの使用は顔に赤い斑点の生じる病気「酒さ」の悪化リスクを下げることが明らかになった。酒さは欠陥の炎症と拡大から顔に大きな赤い斑点の出る皮膚病。メディカルエクスプレスに青島大学のプレスリリースが掲載された。

スプートニク日本

被験者は8万2737人の女性。そのうち4945人が酒さに罹患していた。

酒さの罹患率はコーヒーを多く摂取している人と1月に1杯以下のコーヒーしか飲まなかった人を比べると0.77の対比となり、カフェインを多く摂取した場合、酒さの悪化リスクは低まることがわかった。

関連ニュース

1日6杯のコーヒー、若死にを防止

結局、コーヒーは何杯なら健康に良いのか?

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала