登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

LGBT表現撤回の意思明言せず 寄稿で杉田水脈議員

© 写真 : Facebook/ Mio Sugita自民党の杉田水脈衆院議員(アーカイブ写真)
自民党の杉田水脈衆院議員(アーカイブ写真) - Sputnik 日本
フォローする
自民党の杉田水脈衆院議員は24日、月刊誌の寄稿で性的少数者(LGBT)を「『生産性』がない」と表現したことを巡り「誤解を招き、心苦しく思っている」と国会内で記者団に語った。ただ、表現撤回の意思を問う質問には明確に答えず「言葉が不適切だった。人権を否定するつもりはないし、差別的なことを考えたこともない」と述べるにとどめた。

スプートニク日本

議員辞職する考えはないかを問われると「研さんを積んでまいりたい。政治家として行動で示していくしかない」と否定した。

(c)KYODONEWS

関連ニュース

杉田議員は辞職を-共産・小池氏 LGBT支援疑問巡り

国民代表、自民杉田議員を非難 LGBT巡る寄稿は「言語道断」

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала