双頭のコパーヘッド・スネーク ドイツで観覧用に飼育

© 写真 : Facebook/Salato Wildlife Education CenterВ центр изучения дикой природы во Франкфурте была передана редкая двухголовая ядовитая змея - медноголовый щитомордник
В центр изучения дикой природы во Франкфурте была передана редкая двухголовая ядовитая змея - медноголовый щитомордник - Sputnik 日本
米国ケンタッキー州レスリー郡で捕獲された野生の双頭のコパーヘッド・スネークが、独フランクフルトにあるKF&Wサラト野生動物教育センターに引き渡された。オンラインニュース「ノーザーン・ケンタッキー・トリビューン」が報じた。双頭のコパーヘッド・スネークが野生で捕獲されることは極めて珍しい。

スプートニク日本

この蛇は、1カ月ほど前に野生で生まれた。現在管理されている施設で、限定公開されている。

ケンタッキー州の蛇研究の第一人者のジョン・マクレガー氏はこの蛇について「野生では2年か3年に1度は双頭蛇に出くわすことはあるが、コパーヘッド・スネークで双頭というのは初めてだ」と語っている。

豪 先史時代の巨大ザメの歯、浜辺で発見 - Sputnik 日本
豪 先史時代の巨大ザメの歯、浜辺で発見
マクレガー氏によれば、この種の蛇で双頭な個体は極めて稀。

関連ニュース

シベリアで、マンモスの祖先の珍しい骨が見つかる【写真】

露日遠征隊、サハ共和国で軟組織が残っているマンモスの死骸を発見【写真】

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала