コロンビア人女性、修道院で8年間暮らした後、ポルノ女優に

コロンビア人の女性が、修道院で8年間暮らした後、ポルノ女優になった。デイリー・ミラー紙が報じた。

スプートニク日本

デイリー・ミラー紙によると、女性は、学校で10年学んだ後、修道院に入った。修道院では、宗教や信仰について教えを受けた。だが女性は修道院で8年間暮らした後、神学教師に恋をした。そして修道院を出る決意をした。

その後、女性はコロンビア第2の都市メデジンに移り、Nestleで仕事をした。またアダルトサイトのウェブカメラモデルとしての仕事も始めた。

なお女性によると、司祭はポルノ女優の仕事をやめさせようとしたが、女性は無視した。女性は、ポルノ女優は「立派で芸術的」な仕事だと考えている。また女性は金曜日、土曜日、日曜日には定期的に教会に通っているという。

関連ニュース

マスク氏、オリジナルブランドのテキーラを生産へ【写真】

米国で、少女の遺体と間違われた高価なセックスドールの葬儀が行われる

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала