登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

新たな駐ハバロフスク日本総領事 経済関係、若者交流の強化へ

でフォローする
ハバロフスクのセルゲイ・クラヴチュク市長は1日、在ハバロフスク日本総領事館に新たに赴任した福島正則総領事と会談を行った。福島総領事はハバロフスクと日本の諸都市の間の経済関係、若者の交流を強化することを提案した。ハバロフスク市役所が明らかにした。

スプートニク日本

課題として、ハバロフスクと日本の諸都市の間の経済関係を強化し、学術交流にとってもポテンシャルを実現することを挙げている。

また新総領事は、文化交流、若者らの交流を相互関係の基本路線とした。

福島総領事は10月12日からハバロフスク日本総領事館に赴任している。福島氏はハバロフスク赴任前は駐サンクトペテルブルク総領事を務めており、ハバロフスクには何度も足を運んでいた。

関連ニュース

日本企業連合、ハバロフスク空港新ターミナルの建設と運営に参加へ

日本のモノづくり、ロシアで風を鎮める学習中

記事一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
ディスカッション参加
には、承認または登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала