トンガ沖でM6の地震

© AFP 2022 / Frederick Florin地震計(アーカイブ写真)
地震計(アーカイブ写真) - Sputnik 日本
南太平洋のトンガ沖、首都ヌクアロファ北東170キロの地点でマグニチュード6の地震が観測された。ロシア科学アカデミー統一地球物理学局アルタイ・サヤン支部が発表した。

スプートニク日本

同支部の速報によると、震源は日本時間10日17時33分に観測された。

震源での揺れは、12段階の震度階級中8段階の「破壊的」と評価されている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала