中国当局、諜報用無人機の発見者に報酬約束

© 写真 : US NavyАмериканский плавучий беспилотник, похожий на тот, чтобы был захвачен китайскими военными у берегов Филиппин в 2016 году
Американский плавучий беспилотник, похожий на тот, чтобы был захвачен китайскими военными у берегов Филиппин в 2016 году - Sputnik 日本
中国当局は今後、外国製の水中無人機の発見について届け出た市民に対し、金銭による報酬を支払う。伝えられているところでは、このような措置の理由となったのは「ますます猛烈になっているスパイ活動」だという。

スプートニク日本

サウスチャイナ・モーニング・ポスト紙が「温州日報」をもとに伝えているところでは、今年9月に外国の水中無人機を発見した中国市民の男性に対して金銭が支払われたという。男性によって発見された「疑わしい装置」はのちに、カナダの開発企業によって製造された水中輸送手段であると特定された。

Американский многоцелевой беспилотный летательный аппарат MQ-1 Predator - Sputnik 日本
露中がスパイ衛星を「だます」?米が危惧
この無人機の実際のタイプやその生産国名は公表されていないが、この水中無人機は高解像度装置を装備しており、深さ600メートルまでの水中にある目標を探索する性能があった。

米国は2016年、南シナ海の国際水域で中国海軍によって奪取された水中無人機を返還するよう同国に要求している。米海軍は当時、この水中無人機が科学的情報の収集に携わっていると発表していた。

関連ニュース

中国で、露中の長距離ワイトボディー機の模型が披露される【写真】

Drive:中国は新たなミサイルСМ-401で、地域的な権威を主張する意向【写真】

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала