氷の下の南極の3D地図を作成

国際研究グループが人工衛星GOCEが集めたデータを基に、氷の下の南極大陸の一部の正確な3D地図を作成した。研究結果は学術誌『Scientific Reports』に掲載された。

スプートニク日本

研究者らは、このモデルがはるか昔に南極大陸に何が起きたかを理解する助けになると期待を寄せる。

ドイツ・クリスティアン・アルブレヒト大学キールのヨルグ・エビング氏は「より一貫した地殻とマントル上部の3D画像を取得するため、人工衛星からのデータと地震学的データを統一する。

南極 - Sputnik 日本
南極の最も正確な地図が公表される【写真】
これにより、プレートテクトニクスと深部マントルの動きがどのように相互作用しているかをよりはっきりと理解することが出来る」と説明する。

研究者によると、得られたデータは、気温の変化が大陸上の氷河プレートにどう影響するかを明らかにすることが出来る。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала