東京五輪サマータイム、断念表明 自民、法案提出困難

自民党は21日、2020年夏に開く東京五輪・パラリンピックの暑さ対策として国全体の時間を夏だけ早めるサマータイムの導入を断念すると正式表明した。導入可否を検討する研究会を党本部で開き、五輪に間に合わせるために必要な今国会への関連法案提出が間に合わないと説明した。

スプートニク日本

サマータイムは、マラソンや競歩など屋外競技の選手の体調に配慮する暑さ対策として浮上。東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が7月、安倍晋三首相に検討を要請していた。

遠藤利明元五輪相は研究会で「日本の現状を踏まえ、暑さ対策にしっかり取り組みたい」と強調した。

(c)KYODONEWS

関連ニュース

入管法改正、実質審議入り 技能実習生調査の誤り、法相謝罪

日本企業、顔認識システム改良用超リアルお面を開発【動画】

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала