AndroidユーザーがGoogle Playの有害アプリを50万回超ダウンロード

コンピュータセキュリティの専門家は、Google Playのアプリストアで13の偽ゲームを発見した。偽ゲームはオリジナルのソフトウェアに成りすましており、ユーザーによってすでに50万回以上ダウンロードされていた。PCヘルプサイト「ブリーピング・コンピューター」が報じた。

スプートニク日本

報道では、有害アプリは、プログラマー名「Luis O Pinto」によって拡散された。プログラムがインストールされると、画面上からアイコンが除去され、プログラムされたアドレスからバックグラウンドで他のアプリのダウンロードが始まる。

Microsoft - Sputnik 日本
Word文書に危険な脆弱性が見つかる
また、専門家の分析の結果、「Game Center」サービスとして成りすました他のアプリを摘発することに成功した。

有害プログラムは、モバイルデバイスに電源を入れた際に、ネットへのフルアクセスやすべてのネットワーク接続の確認、また、自動起動の許可を求めてくる。

ユーザーが承認すると、ウィルスは、ユーザーが画面のロックを解除するたびに、画面上に広告を表示し始める。

関連ニュース

ハッカーが、マスク氏になりすましてビットコインを盗むためにツイッターアカウントをハッキング=マスコミ

仮想通貨、下げ続く サイバー攻撃へのぜい弱性示し

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала