登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

元ナチ親衛隊員、3万6千人殺害に関与=独検察

© Sputnik / Valeriy Melnikov強制収容所
強制収容所 - Sputnik 日本
フォローする
ドイツ・ベルリン検察当局は、元ナチス親衛隊(SS)隊員で、第2次世界大戦中にマウトハウゼン強制収容所の看守だった被告(95)が少なくとも3万6千人の殺害に関与したと非難した。独タブロイド紙ビルドが報じた。

スプートニク日本

ヴェルナー・G被告は現在、ベルリンで生活している。

ベルリン裁判所は、被告に禁固刑を言い渡すか判決を下す。

​1938〜45年にかけてマウトハウゼン強制収容所で70カ国からのおよそ9万人が亡くなった。現在、8万1千人超の犠牲者の名前が明らかになっている。うち1万5633人はソ連人。最も多い犠牲者はポーランド人だった。

関連ニュース

若きオードリー・ヘップバーンがレジスタンス運動

ヒトラーの右腕の娘、戦後にドイツ情報機関が採用

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала