英 猫を菜食主義に移行させると服役の可能性

CC0 / / Black cat
Black cat - Sputnik 日本
英国では、飼い猫を菜食に移行させる飼い主は投獄される危険を冒していると、同国の王立動物虐待防止協会 (RSPCA)が警告した。デイリー・テレグラフ紙が伝えている。

スプートニク日本

RSPCAの広報担当者は、猫が肉食動物であり、その餌には毎回、肉が入っている必要があることを明確にしている。

菜食主義者である飼い主の責任によって、猫が健康に関する問題を被った場合、その飼い主は責任を問われて罰金刑や禁錮刑が科せられる。

デイリー・テレグラフ紙が明確にしているところでは、この問題に注意が寄せられている理由は、英国で現在、動物に「倫理的」な餌を与えることがブームになっているからだ。肉の代用品(例えば、大豆)を含む餌は、各ペットショップで需要が大きい。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала