登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

アフガン女子サッカー代表へのセクハラ問題が明るみに

フォローする
アフガニスタンサッカー連盟(AFF)のカラムウディン・カリム会長他5人の役人に、同国の女子サッカー代表チームの選手らに対してセクシャルハラスメントを行っていた疑いがもたれている。ガーディアン紙が報じた。セクハラ行為を行った者らはすでに役職を解任されている。

スプートニク日本

インサイド・ザ・ゲームの報道によれば、役人らは女子選手らに黙秘料を支払い、同意しない場合は肉体的な圧力を講じていた。女子サッカー課のハリダ・ポパル課長はこれに耐え切れず、国外に出た。

「役人らは監督を装わせた男2人をチームに送り込んだ。2人は女子選手らをいじめ、ストーカー行為を行った。選手らが苦情を言わないだろうと知っていたからだ。だが私は彼らと対立し、苦情を申し立てると断言した。」

アフガニスタンサッカー連盟はポパル氏の訴えを根拠に欠けるとして否定したものの、アフガン政府はこの件に関する捜査を開始しており、これに国際サッカー連盟(FIFA)も加わっている。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала