「iPhone Xの仕様を水増し」 アップルを提訴

CC0 / Unsplash / iPhone X
iPhone X - Sputnik 日本
スマートフォン「iPhone X」のディスプレイの仕様を水増ししていたとして、アップルが提訴された。カリフォルニア州北部地区連邦地方裁判所に提出された訴状から明らかになったと、ITメディア「CNET」が伝えている。

スプートニク日本

「CNET」によると、2人の原告が主張しているところでは、アップルは「iPhone X」のディスプレイの仕様について、不正確な説明を行っていたという。アップルによるデータでは、画面サイズは5.8インチとなっている。原告らは、この規格の実際の値が5.6875インチであり、説明されていた値を下回っていると主張。

中国でのiPhone一部機種販売差し止めに、アップルが控訴 - Sputnik 日本
中国でのiPhone一部機種販売差し止めに、アップルが控訴
さらに訴状では、同社がディスプレイの解像度についても不正確な説明を行っていたと述べられている。アップルは解像度について、2436×1125ピクセルであると主張しているが、原告らは、解像度が実際にはそれよりも低く、全てのピクセルに赤・緑・青のサブピクセルが含まれているわけではないと考えている。

関連ニュース

アップル、MacBook Pro 13とiPhone Xで不具合発表

アップル、中国で従業員が収賄の可能性を調査=WSJ

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала