19年度沖縄振興費3010億円 対立影響、18年度と同額

政府は21日に閣議決定した2019年度予算案で、沖縄振興費を18年度当初と同額の3010億円とした。玉城デニー沖縄県知事就任後初の予算編成。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡る対立が影響し、約束した3千億円台の「ほぼ底値」(自民党議員)が続いた。

スプートニク日本

新たな枠組みとして市町村の事業を国が直接支援する「沖縄振興特定事業推進費」を設け、30億円を計上した。一方、県が使途を自由に選べる一括交付金は95億円減の1093億円となった。

米軍西普天間住宅地区跡地に国際医療拠点を整備する計画に59億円、辺野古を含む県北部地域の振興には35億円を充てた。

(c)KYODONEWS

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала