北海道帯広市で乾燥大麻およそ30キロ押収

北海道帯広市で、1億7000万円相当の乾燥大麻およそ30キロが押収された。自宅兼民泊に大麻を隠し持っていたとして、民泊経営者の青山哲也被告(42)逮捕、起訴された。NHKが報じた。

スプトニク日本

大麻 - Sputnik 日本
新年の贈り物 医療利用向け大麻、タイで合法化
NHKが北海道厚生局麻薬取締部の情報として伝えたところによると、被告は自宅の敷地内で大麻を栽培、屋根裏などで乾燥していた。

乾燥大麻は、居間や屋根裏、ガレージで発見された。

NHKによると、被告は起訴内容を認めており、数年前から大麻を栽培しており、ほぼ毎日吸っていたなどと供述している。

報道によると、被告は自宅の一部を旅行者に貸し出していた。

関連ニュース

ニューヨーク州知事:嗜好用大麻の合法化は、2019年に州で新たに導入される計画の項目の1つ

ドゥテルテ大統領、眠らないため大麻喫煙と発言も後にジョークと弁明

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала