独マスコミ、G20開催国に向かっていたメルケル首相搭乗機緊急着陸の責任は誰にあるのかについて語る

© AFP 2022 / John MacdougallКанцлер Германии Ангела Меркель в Берлине
Канцлер Германии Ангела Меркель в Берлине - Sputnik 日本
11月末にドイツのメルケル首相が搭乗した航空機がG20サミット開催国へ向かう途中にドイツ国内に緊急着陸したことについて、ドイツ連邦軍の航空安全局の報告書では、ドイツの航空会社ルフトハンザに責任があるとされている。独デア・シュピーゲル 誌が、ドイツ軍航空安全局の機密報告書をもとに伝えた。

スプートニク日本

11月末にドイツのメルケル首相が搭乗した航空機がG20サミット開催国へ向かう途中にドイツ国内に緊急着陸したことについて、ドイツ連邦軍の航空安全局の報告書では、ドイツの航空会社ルフトハンザに責任があるとされている。独デア・シュピーゲル 誌が、ドイツ軍航空安全局の機密報告書をもとに伝えた。

これより前、メルケル首相の乗った航空機に技術的不具合が発生し、首相がアルゼンチンで開催のG20首脳会議の開幕に間に合わない見通しとなったトラブルをめぐり、ドイツ政府は「犯罪の痕跡」の可能性があるとの見方を示していた。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала