登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

米海軍 4クラスのロボット艦船の開発を計画

フォローする
米海軍は今後数年間で4クラスの新しいロボット艦船の開発発注を計画している。ウェブサイト「デェフェンス・ニュース」が米海軍ロナルド・ボクソール海軍少将のコメントを引用して報じた。

スプートニク日本

ボクソール少将の話では、現在、米海軍はいくつかの発展戦略を検討中。そのうちの1つは、乗組員を含めた大部分の艦船を、完全なドローン艦船に変更するというもの。これにより艦隊にかかる経費削減と効率向上が可能になる。

この戦略の一環として、米海軍は3タイプのロボット艦船の開発発注を計画しており、中には重量級ロボット空母と電子戦用ロボット中型艦、小型ロボット水雷艇と超小型偵察艇などが含まれている。

関連ニュース

米軍、日本に最新の大型強襲揚陸艦配備を検討

1.4兆円の空母に新たに問題発覚=ブルームバーグ

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала