登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

アップル、ユーザーに対するスパイ行為を可能とするバグを修正

© AP Photo / Marcio Jose Sanchezアイフォン
アイフォン - Sputnik 日本
フォローする
米アップルは、音声通話・ビデオ通話サービス「FaceTime」を使用する際のバグを修正したOS「iOS 12.1.4」をリリースした。

スプートニク日本

1月末、FaceTimeでグループ通話をする際、応答前に通話相手の声が聞こえてしまう不具合が見つかった。

The Vergeによると、この不具合を最初に発見したのは米国の14歳の少年トンプソン君。アップルは、トンプソン君の家族に補償を行い、トンプソン君の学費も支払うと発表した。なお補償額は不明。

関連ニュース

iPhone ビデオ通話「Face Time」で盗聴が可能

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
ディスカッション参加
には、承認または登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала