米副大統領、NATO諸国の「潜在的敵国」からの武器購入をけん制

ペンス米副大統領はミュンヘン安全保障会議で、北大西洋条約機構(NATO)加盟国による潜在的な敵国からの武器購入を米国は容認しないと述べた。会議はドイツで現地時間15日、開幕した。

スプートニク日本

ペンス氏は「NATO同盟国が私たちの敵から武器を購入する時、私たちは腕を組んで立ち尽くさないと明確にした」と述べた。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала