米海軍にステルス沿海域戦闘艦が就役【写真】

ステルス機能を搭載したインディペンデンス級沿海域戦闘艦「LCS-16(タルサ)」が16日、米海軍に就役した。

スプートニク日本

タルサは57mm砲、12.7mm機関銃4基、改良型「SeaRAM(シーラム)」ミサイル11発の発射装置を装備している。さらに「MH-60R/Sシーホーク」ヘリコプター2機とドローンを搭載している。

​タルサは米サンディエゴを拠点としているインディペンデンス級沿海域戦闘艦15番艦。米海軍は同型艦を計34隻配備する方針だ。

関連ニュース

米海軍 4クラスのロボット艦船の開発を計画

米海軍ステルス駆逐艦 2番艦が就役

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала