NASA、火星への有人飛行を2030年代半ばに予定

米航空宇宙局(NASA)のブライデンスタイン長官は、火星への有人飛行は2030年代半ばに可能だと発表した。

スプートニク日本

リュウグウ - Sputnik 日本
はやぶさ2、小惑星「リュウグウ」からユニークな手順で土壌採取実現へ 22日に
長官によると、火星への有人飛行を行う前に月で技術テストをし、その技術を後に火星で使用できるように発展させる必要がある。これに関してNASAは国際的および商業的なパートナーたちと協力しているという。

先にNASAは、2004年に火星に着陸した探査機オポチュニティのミッション終了を発表した。オポチュニティは、地球からのシグナルに応答しなくなった。探査機は2004年に火星に着陸し、当初は90日間の運用を予定していたが、2018年6月まで活動を続けた。

ブライデンスタイン長官はミッション終了を受け、約20年にわたって続いたNASAの専門家たちの活動を指摘した。ミッションを担当していた職員らは、「これは機械にすぎない」が、何年も一緒に仕事をした後に別れるのはとても辛いとし、だが今や「別れの時が訪れた」と伝えた。

関連ニュース

火星の湖、同惑星の火山活動を示す

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала