日本の探査機「はやぶさ2」、小惑星「リュウグウ」で試料採取のための弾丸を発射し、「リュウグウ」から離れて上空へ向かう=JAXA

日本の探査機「はやぶさ2」が22日、小惑星「リュウグウ」への着陸に成功、地球に持ち帰る試料採取のための弾丸を発射したことを示すデータも確認された。宇宙航空研究開発機構(JAXA)が発表した。

スプートニク日本

月(アーカイブ写真) - Sputnik 日本
米写真家、画像5万枚からスーパームーンの「肖像」合成【写真】
JAXAによると、「はやぶさ2」は試料採取のため、小惑星「リュウグウ」の表面を覆っている岩石を砕く金属製の弾丸を発射した。その後、次回の着陸に備えて「リュウグウ」から離れ、その上空へ向かった。

今回のミッションでは、試料の採取が3回行われる予定。

特に「はやぶさ2」は弾丸を発射して人工的なクレーターをつくり、地中の物質の採取にも挑戦する。

小惑星「リュウグウ」は、直径わずか900メートルで、地球から3億キロ以上離れている。学者らは、「リュウグウ」で46億年前の太陽系誕生や生命誕生についての答えが見つかるのではないかと考えている。

関連ニュース

はやぶさ2、小惑星「リュウグウ」からユニークな手順で土壌採取実現へ 22日に

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала