米マイクロソフト、イラン関与の大規模サイバー攻撃を確認 200社超が被害

© Sputnik / Alexey Malgavko / フォトバンクに移行ハッカー
ハッカー - Sputnik 日本
イランのハッカーが関与したとみられるサイバー攻撃で、過去2年間で世界の200社以上が被害を受けていたことが、米マイクロソフトの調べで明らかになった。ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が報じた。

スプートニク日本

WSJによると、被害が確認されたのは米国、英国、ドイツ、サウジアラビア、インドなどの石油・天然ガス会社や重機メーカー。被害総額は推計数億ドルに上る。

マイクロソフト社によると、一連の攻撃はイランのハッカー集団「ホルミウム」が関与している。同集団は企業秘密を盗み出したほか、侵入したコンピュータ内のデータを消去したとされる。

関連ニュース

ロシアIPアドレスへ米国からサイバー攻撃 300万件を記録

ベネズエラ大使館がサイバー攻撃被害 グアイド氏支持者による犯行か

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала