登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

襲撃受けた北朝鮮大使館、警察が家宅捜索 武器大量に発見

フォローする
スペイン警察が2月に何者かの襲撃を受けた在マドリード北朝鮮大使館を家宅捜索したところ、大量の武器が見つかった。西紙エル・ムンドが報じた。複数のメディアは、米中央情報局(CIA)が襲撃に関与した可能性があると報じている。

スプートニク日本

エル・ムンド紙が報じるところ、家宅捜索で警察はライフルと散弾銃、いくつかの拳銃を発見した。襲撃犯がこれらの武器全てもしくは一部を利用した可能性もあるという。

2月22日、9人ほどの集団が北朝鮮大使館職員を数時間に渡り拘束し、コンピュータ数個と文書を持ち去ったと見られている。

報道によると、襲撃犯らは駐マドリード大使を務めていた北朝鮮の金赫哲(キムヒョクチョル)氏の情報を探していた。

トランプ大統領と金正恩氏 - Sputnik 日本
米朝首脳はお互いを利用=専門家
金赫哲氏は襲撃の数日後にベトム・ハノイで行われたトランプ米大統領と金正恩朝鮮労働党委員長による米朝首脳会談の準備に活発に関与していた。

北朝鮮大使は警察に、襲撃犯が韓国系の移民だとして、職員の手を縛って頭にビニール袋を被せた上で殴打したと証言している。

韓国の駐スペイン大使は、韓国当局が襲撃とは一切関係がないという声明を出した。

​エル・ムンド紙が情報局筋の話として伝えるところは、CIAは事件への関与を否定しており、「これを証明することは極めて難しい」という。     

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала