北朝鮮が制裁回避狙いで仮想通貨奪う 国連安保理で報告

© Sputnik / Vladimir Astapkovich / フォトバンクに移行マイニングファーム(アーカイブ)
マイニングファーム(アーカイブ) - Sputnik 日本
国連安全保障理事会​で専門家グループによる報告として、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が、経済制裁を回避して外貨を獲得するため、サイバー攻撃とブロックチェーン技術を使用している​ことが指摘された。

スプートニク日本

専門家らは、北朝鮮が約6億7千万ドル(約745億円)を外貨と仮想通貨で奪ったと​非​難し​ており、北朝鮮​による​制裁回避​の未然防止​のため、​全世界に対し、団結して​北朝鮮のサイバー攻撃に関する情報交換​を行おうと呼びかけている。

国連(アーカイブ写真) - Sputnik 日本
北朝鮮は密かにミサイル核計画を継続か=国連報告書
​こうした情報交換の尽力を集結させる呼びかけが行われた背景には、​仮想通貨は追跡がより難しく、​繰り返し​マネーロンダリングされる恐れがあり、国家​による調整を受けていないことがある​。

専門家らは、北朝鮮政府の政策の重要な一部となっているサイバー攻撃は、北朝鮮軍の専門部隊によって遂行されていると考えている。

北朝鮮のサイバー攻撃の最初の被害はアジアの仮想通貨の取引所で、2017年1月から2018年9月の期間だけで、その​被害額​は5億7100万ドル(約635億円)に達した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала