パーキングロボットが仏空港に登場 ドライバーの時間節約に【動画】

© 写真 : Stanley RoboticsРобот-погрузчик для автомобилей Стэн компании Stanley Robotics
Робот-погрузчик для автомобилей Стэн компании Stanley Robotics - Sputnik 日本
仏「スタンリー・ロボティクス(Stanley Robotics」社は、空港の駐車場問題を根本的に解決する新しいロボットを開発した。このパーキングロボットの役目は、駐車スペースへの自動車の移動にある。ロボットは特別な自動車搬送タイプ。自動車の下部に特別な搬送用台を差し込み、フォークリフトのように前輪タイヤを少し持ち上げ、専門のオートシステムによって指定された駐車スペースまで自動車を移動させる。

スプートニク日本

ドライバーは、 空港に到着するとガレージに自動車を保管するだけでいい。 ロボットが自動車をピックアップし、 ドライバーが戻るまで公共駐車場の空スペースに自動車を駐車させ る。その後ロボットは、 ドライバーが戻る前に元のガレージに車を戻す。

ロボットを利用したパーキングコンピューターシステムは、 すでにフランスで実用化され、 大幅にドライバーの時間を節約させるだけでなく、 駐車スペースの効率的活用も図っている。 システムについて詳しく知りたい方は、動画をどうぞ。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала