登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

「しつけ」と称した体罰防止へ 児童虐待防止法改正案を閣議決定

© Depositphotos / Karich Детская рука с надписью "Помогите"
Детская рука с надписью Помогите - Sputnik 日本
フォローする
政府は19日、「しつけ」と称した児童虐待を防止するため、児童虐待防止法の改正案を閣議決定した。野党も児童相談所の体制強化策などを盛り込んだ対案を、近く国会に提出する予定であり、悲惨な児童虐待が繰り返されないよう、建設的で実行力のあるルール作りが待たれる。一部を除き2020年4月の施行を目指して法改正が進められる。

スプートニク日本

閣議決定された法案では、 親権者らによる体罰の禁止が明記された。「しつけ」 と称した体罰を禁止し、「 児童のしつけに際しては体罰を加えてはならない」と明記された。 また、児童相談所の子どもの一時保護を行う部署と、 保護者の相談を受ける部署を分け、 虐待事案への対応力を強化する内容が盛り込まれた。 子育てから体罰を排除するため、 普及啓発活動を推進することも決定された。

首相、虐待防止法「近く提出」 早期成立へ決意 - Sputnik 日本
首相、虐待防止法「近く提出」 早期成立へ決意
千葉県野田市の事件では、 児童が虐待を受けていることを告白したアンケート用紙を市教育委 が父親に渡したことが大きな問題となった。このことから、 関係者が虐待の疑いのある児童の情報を漏らしてならないことも定 められた。

「しつけ」と称して暴力を繰り返す親への対策も課題となる。 児童虐待の背景には、親自身が虐待を受けていたという問題や、 子育て世代が経済的な問題を抱えているケースも見受けられる。 こうした点も加味し、 地域が一体となって児童虐待をなくしていくことが求められる。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала