原油価格が上昇 OPECプラスの減産努力で

世界の原油価格は26日、 石油輸出国機構(OPEC)と非加盟主要産油国で構成するOPECプラスの減産努力や、イラン及びベネズエラに対する原油制裁を背景に上昇している。

スプートニク日本

日本時間14時51分の時点で、北海ブレント原油先物6月限の価格は0.24%高の1バレル=66.97ドル。

WTI原油先物5月限の価格は0.77%高の1バレル=59.27ドル。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала