登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

米国はアジアでシェールオイルのバイヤーを失いつつある=ブルームバーグ

© AFP 2021 / Robyn Beckシェールオイル
シェールオイル - Sputnik 日本
フォローする
アジアのバイヤーは、米国産シェールオイルの品質に不満を抱いている。ブルームバーグによると、韓国の2つの製油企業「SKイノベーション」と「ヒュンダイ・オイルバンク」は、不純物の混入がその後のオイル処理を妨げるとして、購入したロッドの受け取りさえ拒否した。

スプートニク日本

韓国の「ハンファトタル」社のセバスチャン・バリエ副社長はブルームバーグに対し、米国のシェール鉱床から採取されたオイルコンデンセートの中には、酸化生成物や金属、洗浄剤が含まれているが、中東産オイルは一貫して混ざりものがないと語った。

油輸 - Sputnik 日本
日本、イラン産原油輸入量を発表 再開後の2月分=ブルームバーグ
ブルームバーグで専門家たちは、こうした問題が、米国のインフラ整備が不十分なために生じたと説明する。つまり、多くの鉱床は、さまざまな品種のオイルに対して、同じトランク・ラインや貯蔵用タンク、輸出用ターミナルを使っているのだ。

その結果、タンクの洗浄に使われる化学物質や他の燃料が混入して、オイルが汚染される。中東の物流チェーンは似ているが、オイルの種類ごとに独自のインフラが用意されている。

ブルームバーグは、米国産シェールオイルのロッドすべてに不純物が含まれているわけではないとする。しかし、アジアのバイヤーは、貨物1つ1つの品質を監視し、受け入れ前に酸化生成物の有無のチェックを継続している。

関連ニュース

エコノミスト誌、世界経済にとっての2019年の主な脅威を指摘

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала