セブンーイレブン社長交代 永松副社長が昇格

セブン&アイ・ホールディングス(HD)は4日、24時間営業の問題を受け、傘下のセブンーイレブン・ジャパンの古屋一樹社長が退任し、後任に永松文彦副社長が昇格するとの8日付けの人事を発表した。

スプートニク日本

共同通信は、「24時間営業を巡る古屋氏の加盟店対応の不備が要因で、トップ交代に発展。体制を刷新して対応を加速する」と報じた。

4日の記者会見でセブン&アイ・ホールディングスの井阪社長は、24時間営業について、「柔軟な対応をしたい」と述べ、永松次期社長は「地域社会のお客様にとってどうかということが、24時間をやるか否かということになると思う」との考えを示した。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала