登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

平和の願い込めた「万和」 考案した石川氏異例証言

© Sputnik / Natalia Seliverstova / フォトバンクに移行平和の願い込めた「万和」 考案した石川氏異例証言
平和の願い込めた「万和」 考案した石川氏異例証言 - Sputnik 日本
フォローする
政府が新元号の最終候補とした六つの原案のうちの一つ「万和」を考案した二松学舎大元学長の石川忠久氏(86)=中国古典=が4日までに共同通信の取材に応じ、万和に「平和への願いを込めた」と明らかにした。新元号「令和」については「ふさわしい」と評価した。元号考案者の証言は極めて異例。

スプートニク日本

万和の典拠は中国古典の文選にある「奏陶唐氏之舞、聴葛天氏之歌、千人唱万人和」(いにしえの聖天子の舞いや歌を歌うと多勢の人が唱和する)との一節としている。

音楽や舞を人々が謳歌するという意味があると解説。音楽や舞を楽しめるような平和な時代になってほしいとの願いを込めたという。

(c)KYODONEWS

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала