登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

シャオミ携帯でWi-Fi接続は危険 セキュリティアプリにぜい弱性

© Jon Russellシャオミ
シャオミ - Sputnik 日本
フォローする
中国スマートフォン大手、小米(シャオミ)のスマホにプリインストールされたアプリからぜい弱性が見つかった。ここから端末がマルウェア(悪意を持ったプログラム)に感染し得る。イスラエルのサイバーセキュリティ企業 「Check Point」が発見した。

スプートニク日本

問題のアプリは「Guard Provider」同アプリはプレインストールされたセキュリティアプリで、削除は不可能。

ジョージ・ソロス氏 - Sputnik 日本
ソロス財団、Xiaomi株を購入=ブルームバーグ
Check Point社の発表によると、同アプリはアップデート時に保護されていないHTTP通信を使用。このため、攻撃者が同じWi-Fi(ワイファイ)ネットワークにいれば、アップデート内容にマルウェアを忍び込ませられる。

攻撃によってデータを盗むマルウェア感染や追跡アプリ、ランサムウェア(身代金要求型マルウェア)の感染があり得る。セキュリティ企業「ESET Russia」の製品・サービス技術サポート部門のセルゲイ・クズネツォフ部長は、公共や公開されたWi-Fiネットワークの利用者が、こうしたぜい弱性を利用した攻撃を受ける可能性もあると指摘した。

シャオミはすでにぜい弱性を修復するパッチを公開した。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала