登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

アサンジ容疑者、米の引き渡し要求で再逮捕

© AFP 2021 / Justin Tallisアサンジ容疑者、米の引き渡し要求で再逮捕
アサンジ容疑者、米の引き渡し要求で再逮捕 - Sputnik 日本
フォローする
英ロンドン警視庁は11日、内部告発サイト「ウィキリークス」創設者のジュリアン・アサンジ容疑者について、米当局からの要求に基づき、引き渡しに向けた逮捕を求める令状に従って再逮捕したと発表した。スプートニクが入手した同庁の声明で述べられている。

スプートニク日本

この新たな声明では、「47歳のジュリアン・アサンジ容疑者は本日、4月11日木曜日、ロンドン中心部の警察署に到着した後の午前10時52分、米当局の名において、犯罪容疑者の引き渡しに関する法律の第73条の枠内で発せられた引き渡しに向けた逮捕を求める令状に従い、再び逮捕された」としている。

ジュリアン・アサンジ氏(アーカイブ写真) - Sputnik 日本
エクアドル政府が違法にアサンジ氏の政治亡命の効力を停止=ウィキリークス
ジャーナリストのアサンジ氏は2006年、主に機密文書を公開しているサイト「ウィキリークス」での活動に関連して広く知られるようになった。

アサンジ氏は2010年8月、米国当局からの関心が強まった時期に庇護を求めるためスウェーデンを訪れたところ、性的暴行に関する容疑がかけられた。2010年11月、ストックホルムの裁判所は性的暴行容疑でアサンジに逮捕状を出した。

2012年からアサンジ氏は、ロンドンにあるエクアドル大使館の敷地内に避難していた。その理由は、大使館の壁の外では、暴行事件に関し裁判所に出頭しなかったために逮捕される危険があるためだ。アサンジ氏に対する事件そのものは、2017年5月に終了となっている。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала