クリル諸島のエベコ山が噴火 噴煙3200m

クリル諸島(北方領土と千島列島)に属するパラムシル島(幌筵島)のエベコ山(千島硫黄山)が噴火し、噴煙は3200メートルまで上昇した。露サハリン州北クリル管区が14日、発表した。

スプートニク日本

「視認では、火山で海抜3.2キロメートルの高さの噴煙があった」

研究者によると、エベコ山には航空危険度で2番目に危険なオレンジコードが発令されている。

「火山灰は火山から東5キロメートルに拡散した」

エベコ山で最大の噴煙高度は昨年8月31日に観測。2017年に形成された新たな火口から、噴煙が6000メートルまで上昇した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала