日米、19日に外務・防衛閣僚協議 F35墜落議論へ

日本の河野外相と岩屋防衛相は今週米国を訪問し、19日にポンペオ国務長官とシャナハン国防長官代行との日米安全保障協議委員会(「2+2」会合)に出席する。16日、日本外務省が発表した。

スプートニク日本

F-35AライトニングⅡ - Sputnik 日本
米国が疑う 墜落のF35A機 ロシアと中国がハンティングか
岩屋防衛相は東京で開かれた記者会見で「防衛大綱と米国側の防衛政策は軌を一にしている。新領域における日米の協力の在り方をしっかり議論したい」と述べた。NHKが報じた。これは特に宇宙やサイバー空間などの新領域における防衛協力の強化に関するものだという。

また岩屋氏によると、双方は先週墜落した航空自衛隊の最新鋭第5世代戦闘機F35の事故についても議論する。

共同通信は、2+2会合の終了後に4者で記者会見し、共同文書も発表する予定だと報じた。

なお太平洋上に墜落したF35の捜索活動は現在も続けられており、機体が見つかった場合には引き揚げられる見込み。

関連ニュース

岩屋防衛相、戦闘機F35Aは墜落と断定

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала