日本、ギャンブル依存対策の計画まとめる 実効性に懸念も

© Sputnik / Ruslan Krivobok / フォトバンクに移行カジノ
カジノ - Sputnik 日本
日本政府は19日の閣議で、カジノ実現を前に、ギャンブル依存症対策基本計画を決定した。日本各紙が報じた。

スプートニク日本

公営ギャンブルやパチンコの施設からの現金自動支払機(ATM)撤去の要請に加え、家族の申請によるパチンコ店への入店制限、顔認証システムによる競馬場への入場制限などの検討を促す方針だ。

しかし多くは要請にとどまっており、罰則規定はなく、形だけに終わるおそれもある。 

依存症対策推進本部会合本部長の菅義偉官房長官は「依存症により不幸な状況に陥る人をなくし、健全な社会を構築していく」と述べた。

関連ニュース

政府、IR法施行令を閣議決定 巨大ホテル、会議場を併設

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала