インド ヒンドゥー教徒による炎合戦

インド南西部のマンガロール近くに位置する寺院都市カティールで22日、正真正銘の「炎合戦」とも呼べるような祭りが大々的に行われた。

スプートニク日本

この祭りは、古くから毎年行われているヒンドゥー教の儀式で、「アグニ・ケリ」と呼ばれている。ヤシの葉で作られた燃える松明を男性らが互いに投げ合う。このようにして、祭りの参加者らは女神ドゥルガーを鎮めようとしているのだ。

松明の投げ合いは、15分より長くは続かない。参加者それぞれが松明を投げられるのは5回までとなっている。

炎合戦が行われる「戦場」の近くには医師らが待機。衣服が燃え出した人には、ここで水がかけられる。

シヴァ神の妻に捧げられたシュリ・ドゥルガー・パラメシュワリ寺院には、数千人のヒンドゥー教徒が毎日訪れ、同寺院はインド最大の聖地の一つとなっている。

関連ニュース

 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала