登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

露国内のアルコール飲料消費量、過去8年で半減

© Depositphotos / RomarioIen アルコールを飲んでいる男性(アーカイブ写真)
アルコールを飲んでいる男性(アーカイブ写真) - Sputnik 日本
フォローする
ロシアのスクボルツォワ保健・社会開発相は24日、同省の総括参与会で、同国内のアルコール飲料の年間消費量について、最近の8年間で人口1人当たり18リットルから同9.3リットルにまで減少したと明らかにした。

スプートニク日本

スクボルツォワ大臣は「当該方面で実施されている活動の結果、アルコール飲料とたばこの消費量を減少させることができた。このうち、アルコール飲料の2018年の消費量は、2011年の人口1人当たり18リットルから同9.3リットル、つまりほぼ2分の1にまで減少した」と述べた。

スクボルツォワ大臣によれば、このことがアルコール依存症のほか、アルコール飲料の摂取に関連する病気の罹患数の減少につながっており、これは労働可能年齢の男性(16~59歳)の死亡率が2012年と比べて18%低下したことにも表れているという。

先に、ロシアにおける中絶件数は、7年間で39%減少したと明らかになった。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
ディスカッション参加
には、承認または登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала