米国務省の元職員、中国の情報機関員と共謀した罪を認める【写真】

© Depositphotos / Teamtime米国務省の元職員、中国の情報機関員と共謀した罪を認める
米国務省の元職員、中国の情報機関員と共謀した罪を認める - Sputnik 日本
米国務省の元職員、キャンダス・クレイボーン容疑者(63)は、外国の情報機関員と共謀した罪を認めた。米司法省はホームページで、クレイボーン容疑者は機密情報と引き換えに中国の情報機関から「金品」を受け取ったと発表した。

スプートニク日本

ジョン・ディマーズ司法次官補は「キャンダス・クレイボーンは、自身の良心と米国の非公開情報を外国の情報機関員から現金とその他の贈り物を受け取るために売った。彼女は外国の情報機関員との接触に関する情報を隠し、何度も嘘をついた」との声明を表した。

調査によると、国務省の職員だったクレイボーン容疑者は、中国の情報機関員からアイフォン、アップル社のノートブック、家具付きのアパートを受け取ったほか、送金も受けた。

また中国の情報機関員は、クレイボーン容疑者のファッションスクールの学費や外国旅行の旅費も支払った。その引き換えに、クレイボーン容疑者は、米国と中国の経済協力に関する米政府の分析を含む職務上の情報を中国側に提供することを求められた。

クレイボーン容疑者には、最大20年の禁固刑が科される可能性がある。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала