米メディア絶賛 新型ロシア潜水艦

© Sputnik / Pavel Lvov / フォトバンクに移行「ベルゴロド」
「ベルゴロド」 - Sputnik 日本
米誌「ポピュラーメカニクス」は23日に進水式を終えたロシアの最新鋭原子力潜水艦「ベルゴロド」を評価した。

スプートニク日本

軍事アナリストのカイル・ミゾカミ氏は、全長およそ184メートルの潜水艦が排水量で第1次世界大戦時の戦艦すら上回り、水深500メートルまで潜水可能だと指摘する。

さらに、「ベルゴロド」の排水量は米オハイオ級原子力潜水艦の1.5倍以上だ。

ミゾカミ氏が強調するところ、「ベルゴロド」は戦闘用の潜水艦ではなく、弾道ミサイルは運搬しない。代わりに、小型潜水艦「ロシャリク」や無人潜水艇「ポセイドン」を運搬する。「ベルゴロド」は「ポセイドン」6隻の運搬が可能だ。

関連ニュース

ロシア潜水艦は米海軍の強大な敵=米誌

米メディア、露ボレイ級潜水艦による対米核攻撃をシミュレーション

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала