北朝鮮、「南北関係改善を妨害」と米国非難

© AP Photo / Lee Jin-man南北会談をめぐるポスター(アーカイブ写真)
南北会談をめぐるポスター(アーカイブ写真) - Sputnik 日本
朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の祖国平和統一委員会は27日、金正恩労働党委員長と韓国の文在寅大統領の初首脳会談開催から1年に合わせ、米国が南北関係改善を妨害するため韓国に圧力をかけていると強く非難した。時事通信が、朝鮮中央通信の報道を引用して報じた。

スプートニク日本

北朝鮮の声明では、「米国は、南朝鮮当局に対し、『南北関係が米朝関係より進んではならない』という『速度調節論』で圧迫し、北南関係を制裁・圧力政策に従属させようと策動している」と指摘されている。

先に伝えられたところによると、韓国の金錬鉄統一相は将来的な北朝鮮との本格的な協力再開に向けて国の法律を改正するよう政府に求めていた。

関連ニュース

北朝鮮、制裁に打撃とけん制 トランプ氏は第3回米朝会談に意欲 これが意味するところは?

北朝鮮対外経済相 「米国の制裁被害は被らなかった」

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала