登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

参院2人区も野党が候補者調整 国民、京都で立民に一本化

© Sputnik / Natalia Seliverstova / フォトバンクに移行Район Минато и Радужный мост в Токио
Район Минато и Радужный мост в Токио - Sputnik 日本
フォローする
立憲民主、国民民主両党が夏の参院選の改選2人区でも候補者調整に乗り出した。国民京都府連は27日、京都選挙区で公認に内定していた新人斎藤アレックス氏(33)の擁立を取り下げると決めた。立民新人の会社役員増原裕子氏(41)に一本化し、支援する。衆参同日選の可能性をにらみ野党共闘を加速する狙いがある。他の改選2人区にも波及しそうだ。

スプートニク日本

国民府連会長の前原誠司元外相は「自民党の議席を一つでも多く減らす。野党結集の機運を高めるには、誰かが動きださないといけない」と述べた。

京都選挙区では、自民党の西田昌司氏(60)と共産党の倉林明子氏(58)も立候補を予定している。

(c)KYODONEWS

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала