登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ボーイング737Maxで新たな問題

フォローする
米航空当局は、ボーイング737MAXのシステム・エラーについて新たな報告を受けた。米紙ウォール・ストリート・ジャーナルが報じた。

スプートニク日本

米運輸安全委員会(NTSB)に、米連邦航空局の複数人の職員とボーイング社の元、そして現職員らから訴えが届いた。

米サウスウエスト航空のボーイング737MAX型機。カリフォルニア空港で - Sputnik 日本
ボーイング、2機墜落の737Max生産減へ
訴えの一部はシステムの機能に関係していた。この機能の不具合がエチオピア航空とライオン・エアの墜落事故に繋がった可能性もある。その他の訴えの内容は明らかにされていない。

6ヶ月以内にボーイング737MAX2機が墜落。計346人が亡くなった。3月10日に起きたエチオピア航空の事故では、アディスアベバの空港から離陸6分後に機体が墜落し、157人が死亡。3人のロシア人など33カ国の外国人が含まれていた。これを受けて世界的にロシアS7航空など30近い航空会社が同機の使用を中止。ロシアや欧米は自国上空での同機の飛行を禁止した。

ボーイング737MAXはボーイング737シリーズの最新世代。2017年に運用が開始したばかりだった。同機種はボーイング社史上もっとも売れた機種。

ボーイング737Maxの何が問題なのか?

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала