血液分析で慢性疲労の識別に成功

© Depositphotos / Ginasanders血液分析で慢性疲労の識別に成功
血液分析で慢性疲労の識別に成功 - Sputnik 日本
米研究チームは、慢性疲労症候群の患者を正確に識別する血液検査を開発した。

スプートニク日本

重度の疲労、頭痛、認知機能低下および睡眠障害は、慢性疲労症候群として知られている状態の症状だ。

シカの足(アーカイブ) - Sputnik 日本
赤身肉 健康に害を及ぼさない消費量は?
研究チームは、分析手法によって40人の参加者から慢性疲労症候群の患者全員を正確に同定したと述べる。慢性疲労性症候群の患者は20人だった。テストは誤った結果を出さなかった。 

テストは、ストレスに対する免疫細胞の反応に基づいている。この技術は電流を生み出し、免疫細胞がそれに反応する。病気の兆候は、電気的活動の変化によって決まる。 

生物学者のロン・デイビス氏は「これについてはまだ説明できませんが、この結論は、慢性疲労症候群が患者の想像上の状態ではなく疾患であることを証明しています」と述べた。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала