アルタイ山脈で雪崩 捜索活動は天候が回復次第、再開

ロシア非常事態省ノボシビルスク州総局のオルロフ局長は13日、同州政府の会合で、アルタイ山脈で雪崩に巻き込まれたノボシビルスク州の旅行者らの捜索活動について、山の天候が回復次第、再開されると伝えた。

スプートニク日本

5月6日、ノボシビルスク国立大学山岳部のメンバー9人からなるグループが、ユジノ・チュイスキー山脈を登山中に雪崩に巻き込まれ、うち7人が死亡した。ロシア非常事態省によると、5人の遺体が見つかっている。

オルロフ局長は「2人の居場所は依然として不明。5月11日、天候の悪化と雪崩の危険性が高まったことにより、捜索救助活動は中断された」と発表した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала